« しぼり shibori | トップページ | ゼンマイ fern »

2016年6月13日 (月)

特別支援教室

2_2

先日特別支援学校の生徒さんたちが来房した。
20年前に親方が葛布織りの指導に行って以来、代々学校に受け継がれてきたもよう。
この日は、生徒さんが作った作品を見て助言し、藍染体験もしてもらった。
中には重度のお子さんもおり、こういう子はほとんど活動に参加できなかったが、雰囲気だけは感じ取ってもらえたのではないかと思う。
諸々の事情で家庭へはめったに帰れない子たち。
自分にしかできない能力を開花させ、大いに社会に貢献してくださることを祈る。
Last week we had visitors from school of handicapped children.
20 years ago Oyakata went there school and thought them how to make kudzu-fu.
It seems this custom would going on till now at the school.
That day we advised them how to arrange the end of fabric , and tought them how to dye their product with indigo blue.
There was a serious handicapped among them ,and he could not join any activities, but we believe he might felt atmosphere  of weaving and dyeing.
They have almost no opportunity to go back to there home owing to circumstances beyond their control.
We hope them to contribute to society flowering their own genius in the future.
 

« しぼり shibori | トップページ | ゼンマイ fern »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197930/63770991

この記事へのトラックバック一覧です: 特別支援教室:

« しぼり shibori | トップページ | ゼンマイ fern »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ